ツェツェの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 鯛飾り

<<   作成日時 : 2014/05/30 20:51   >>

驚いた ブログ気持玉 26 / トラックバック 0 / コメント 8

以前、講師時代に今の地域にお世話になっていて、
その時に結婚する先生に
周りが作った結婚祝いの鯛飾りを見て
心がホワンとした覚えがありました。
この地域だけらしいお祝いの仕方みたい。

私は卒業式後のあわただしい時期の入籍だったので
なるべく周りに知らせずにいました。
校長先生から周りの先生に知らせてもらうのは修了式当日。
翌日からは春休み。
教室の片付けやら、事務処理やらで忙しい日々。
青年部が中心となって作るのですが、
私はなくてもいいと校長先生に伝えてありました。

・・・しかし!
忙しい中、青年部の先生方が中心となって作ってくれ、
春休み中に職員室の私の席の上に吊るされていました。
(慌ただしすぎて、しばらく気づかないという失態をおかしました・・・。)

ありがたいことです。

1ヶ月ほどは吊るしておき、
その後、家に持ち帰ってきました。

珍しい伝統なので、ここでご紹介♪
(年配の先生方が昔からこうやってお祝いするのよと言っていました。
 結構前からの恒例行事らしいです。)

------------------------------------------------------------
画像





大きな鯛が一対。
新聞紙で作成。
外側は
キッチンペーパーが
貼られていると
聞きました。

画像


うろこはハート型。
一人一人の先生から
メッセージ入り。
青年部がこっそりと
集めてくれたのね。

私も今まで
書いてきた側だけど
自分の番となると
意外と気づかない。
いつのまに?って
思いました。

画像





張り子を作るみたいに
青年部が作業した鯛。
表面には
ゴールドのスプレーが
ふりかけられています。

画像






鯛のおなかには
リボンが結ばれています。

実は鯛のおなかに
プレゼントが
詰め込まれているのです。

画像




おなかから
取り出しました!

基本はお菓子の
詰め合わせです。

名古屋の嫁入りの
菓子巻きが由来かも。
(嫁入りで実家から出発の際、
 近所の人にお菓子をばらまくという伝統が
 名古屋にはあるのです。)


画像



お菓子以外には
マスキングテープや
バスソルトも
入っていました。
私に合わせて
考えてくれたようです。

若い男性には
生ラーメンを
入れたことも。
相手によって
中身も変わるのです。

画像






鯛のおなか。
新聞紙を張り子にして
作ったんだと実感。

美術の先生が
型を作ってくれ、
今の学校では
その型を
何度も使っています。

------------------------------------------------------------

愛知県の他の地域にも
同じようなお祝いの仕方があるのでしょうか。
今の地区は古い伝統が残る場所なので
残っているだけなのかしら。

こういう気持ちのこもったお祝いは
嬉しいものだなと思いました。

時間を見つけて、作ってくれた青年部の先生方にも感謝です♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 26
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
かわいい かわいい
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
ツェツェさん〜、と〜っっても遅くなりましたが、ご結婚おめでとうございます。

本当に本当におめでとうございます。
長くブログのおつきあいをさせていただいたのに、こんな失礼で本当に申し訳ない…

でも、良かったです。やっぱり1人より2人。
いろいろなところで大変なときも半分になります。
その上、家族が増えると半分が又半分になりますよ。
仕事との両立はとっても大変だけど(私は要領が悪いので、今でも必死です)やっぱり家族が増えることは自分の気持ちの安定につながりますよ。
そして、子供たちの見えない部分が見えてきます。これは不思議だけど。2枚も3枚も素晴らしい先生になれると思います。これは経験者なので、間違いなし。
お幸せに。

私は忙しくてブログもほったらかしになり、これではいけないと思いつつ。
そのままです。
今のこの仕事のスタイルがこれでいいのか、とっても悩んでいます。仕事を辞めるとかいうことではないけど、過渡期なのかなと思いながら、毎日ああでもない、こうでもないと考えてばかりで先に進んでいかない状態です。もしかして、これは更年期障害かも・・・年だからね。
まあ、焦らず何か答えを見つけたいと思います。
mayuflower
2014/05/31 18:48
ツェツェさん、ご結婚おめでとうございます
最新の記事から画像を中心に遡りながら拝見していて随分と気が付くのが遅くなってしまいました。以前からツェツェさんの記事を読んでいて「一人で行ったのですか?」なんて図々しい質問を何度もしそうになっていた私。潮干狩りの記事で「2人で〜個取れた」ってかいてあったのでちょっとほっとしていた私なのです(笑)
これからはツェツェさんの一番そばにいる人の事も書いてくださいね
それから、、、玄関の飾りつけ、とっても素敵です♪
ちくちく♪
2014/06/01 04:00
* Mayuflowerさん *
お祝いコメント、ありがとうございます♪
驚かせてしまいましたね。
彼とは長い長い付き合いなので(20年近く?!)
実は今まで大変なことも嬉しかったことも共有してもらっていました。
家族となるとますますその思いが強くなるのかもしれませんね。
ブログは私も時々ほったらかしになります。
いろいろ考えたり悩んだり忙しかったりとありますよね。
Mayuflowerさんほどのベテランでもそういう時期はあるのだなと
中身はもちろん違うのですが、
そうして悩みながらも子どもたちと向き合う先生がいることが
私にとっては大きなことです。
身近な先生方もきっと同じように悩みながら進んでいくのだなと。
私も日々もがいている感じですが、焦らず一歩ずつ歩こうと思います。
ツェツェ
2014/06/01 15:26
* ちくちく♪さん *
いえいえ、気づくのは難しかったと思います。
入籍自体はずっと前から考えていたことなのですが
実際の現実ではサラッと終えた感じになっています。
だから、ブログでも一つの記事としてUPするのは
気恥ずかしいなと思って他の記事の最後にさらりと書きました。
気づかない人も多いと思います〜。
きっと今までの記事でもちくちく♪さんと同じように
「誰と行ったのかしら?」と思われている人もいたでしょうね。
あえて書かなかったので・・・。
皆さん、お優しいので、聞かないでいてくださったのですよね。
玄関の飾りつけをほめていただき、ありがとうございます♪
以前よりも生活を楽しめる環境ができて嬉しい限りです。
ツェツェ
2014/06/01 15:33
わぁ、懐かしいな〜こういう系。教員って、好きですよね♪
何かにつけて、色々お祝いやらご挨拶がてらに、ちっちゃなプレゼント?
いただくのは、もちろん嬉しいけど、作る方も、なかなか楽しくやりました。大好きだったな〜現役の頃。

ツェツェ先生、お忙しいでしょうけれど、楽しく頑張ってらっしゃる様子、
気持ちを共有できる方と、お幸せな毎日と想像しています。
また、ステキなアイディアや出来事、お待ちしてますね!
バイオレット
2014/06/02 14:02
* バイオレットさん *
小学校の先生方って作るのが上手な方が多いですね。
教室掲示物も見ているだけで参考になるし、楽しくなります。
アイデアマンも多いですし♪
毎日忙しい中でも楽しくやっています。
何かあるたびに話を聞いてくれ、時には厳しいことを言ってくれ、
最大の味方である人が横にいるのは幸せなことです。
手作りもぼちぼちやっていますので、記事にしていきますね。
今はインテリア小物が気になる毎日ですが
本格的な切り絵も再開したいなと思っています♪
ツェツェ
2014/06/02 23:16
こんにちは。素敵な鯛かざりのプレゼントですこと!
三河の方には、このような習慣は聞いたこと見たことがありませんので、びっくりしました。
しかもなかなか手が込んでいらっしゃる。
アイデアと職場の温かい気持ちがぎっしりと詰まっているんですね。
これからも仕事と自分の生活、ともに大事にしていってください。
りりい
2014/06/03 14:20
* りりいさん *
やはり、三河の方でもこのような習慣はなさそうなのですね!
海部地区だけみたいなのですが、いつから始まったのでしょう?
青年部が増えた昨今、鯛飾りが飾られる学校が多いと聞きます。
職場の雰囲気の良さがないとこればかりはできない風習です。
続いていることのすごさと、温かさを感じています。
学校生活とプライベート、うまく両立できるといいなと思います♪
ツェツェ
2014/06/04 00:13

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
鯛飾り ツェツェの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる