ツェツェの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 木彫りのフォトスタンド(着色・完成編)

<<   作成日時 : 2009/08/03 18:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 4

前回は木を彫るところまでの紹介でしたが、
今回は完成までの道のりです。

木の雰囲気がどんどん変わっていくのが
とっても楽しい工程でした♪

ちょっと写真が多くなりますが
お時間のある方はお付き合いくださいね。

------------------------------------------------------------
画像


木にそのままニスを塗っても
良かったのだけど、
雰囲気を良くしたくて
ホームセンターで
水性の着色剤を買ってきました。

いろんな色がありましたが
私はオールナットという
渋い暗めの色を選びました。

画像



これが彫ったままの
木の色です。
明るい色ですよね。

画像


着色剤を塗ったら・・・
こんなに渋い色に変わりました。
古びたような色です。

たっぷり塗りましたが
一度塗りです。
乾いてから塗りなおすと
もっと濃い色になるそうですが
私はこれで充分と判断しました。

画像


他のパーツにも
それぞれ色を塗りました。
なかなかいい感じです。

着色剤が乾いたら
ニスを塗らないといけません。
(着色剤の説明書に書いてありました。)

これで、また色の雰囲気が
変わるんだろうな・・・。
このままの方がいい感じなんだけど、
仕方がありません。

画像




ニスを塗ったら
渋い色が明るくなりました。
濃くなったと言ったほうがいいかな。

スプレーニスで塗ったのですが
彫ったところなどは
ニスがどんどん吸われてしまうので
ツヤツヤになるまで
乾いたら塗りなおすということを
4回くらい繰り返しました。

画像






これはちょっと光が当たりすぎて
明るい色に見えますが・・・

ニスを塗ったら
猫の背中に軽く彫った
毛並みの彫り跡も
分かるようになりました。

画像


実物と似た色で写真が撮れました。
ニスを塗るとこんな感じなんです。

着色剤の塗りむらも
いい具合にぼやけました。

彫り跡が目立って
凹凸が分かるようになりました。

着色・ニス塗りをする前は
間近で見ないと分かりづらかった彫り跡が
よく分かるようになって
のっぺりとした印象が消えました♪

あとはパーツを
組み立てて完成です。

ボンドで固定する部分や
差し込んで固定する場所があったので
ニスを塗らないようにするのが、意外と大変でした。
ニスを塗ってしまうと
穴のサイズなどが変わって
木のパーツがうまく合わなくなるんです。
そのうえ、ニスを塗ると
ボンドがくっつかないらしい・・・。

マスキングテープで隠してニスを塗ったんですが、
その苦労が報われました!
かっちりとサイズどおりに出来上がったんです♪

画像



ジャジャジャ〜ン☆

これが完成写真です!
メタリックな板に
透明のプラスチック板が
金具で留めてあります。

メタル板とプラ板の間に
写真をはさんで飾れるんですよ〜♪

画像






猫の側板側には
文庫本などを立てておける
スタンド付きです♪

画像




背板とメタル板の間には
筆記具やハガキなどが
入れられます。

背板は飛び出ていますが
本当はもう少し切って
短くしたかったな。

電動糸のこぎりで切りたかったなぁ。
(卒業生達は切った子もいました)


画像画像

手の上に乗せることが出来るくらいのサイズです。
なかなか気に入ったものができました。
卒業生の作品はもっと個性的で
いい作品に仕上がっていたなぁと思うけれど
私はこれくらいシンプルな方が好み。
長い間、愛用できそうな気がします。
家で使おうか、教室で使おうか迷ってしまうなぁ。

図工教材で楽しんで作ることができて
とっても嬉しかったです♪

------------------------------------------------------------

夏休みに入って
卒業生が二人、学校にやってきました。

そのうちの一人は
卒業まで、気持ちが伝わらなくて悩んだ子の中の一人。
その子のグループは
どうやら、形が変わったようです。

やって来た子は、
以前は顔を合わせないように
スッと私を避けるようなしぐさでしたが、
今回は屈託なく笑って、何事もなかったかのように話していました。
もう一人の子がいることでスッと話せたのだろうけど、
ちょっとホッとしました。
ずっと気にかかっていたからです。
女子特有のグループ化の中で
彼女なりにいろいろあったのだと思いますが
卒業して、顔をあわせた時に
話せないような状態であったことが
とても心にひっかかっていたのです。

元気そうで良かった、
笑顔の彼女と話せてよかった。
卒業制作の教材を家で作りながら
卒業生のことを思い出しながら作っていた時だったので
再会がますます嬉しさを増したのでした。

この作品は心に残る作品となりそうです・・・

にほんブログ村 ハンドメイドブログへ ←参加しています。「卒業制作ってこんなものを作るんだね」「可愛く出来たね」と思われた方、ポチッとクリックしてくださいね♪

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
刺しゅうのペンケース
東欧の刺しゅうを刺した布を ペンケースに仕立てました。 キットだったので材料は全て揃っていました。 ...続きを見る
ツェツェの部屋
2009/09/17 23:33
コレクションケースのリメイク
100円ショップのセリアで コレクションケースを買ってきました。 セリアには、標本箱などの白木のケース類が多いので いつか買ってこようと思っていたんです。 今回は今まで作った「くしゃくしゃフラワー」を保管するために コレクションケースを選択しました。 ...続きを見る
ツェツェの部屋
2011/09/21 17:53
古い棚のリメイク 〜前編〜
昭和時代の古い棚をもらいました。 もらって2年ほど経つのですが、 引っ越しを機にリメイクしました。 ...続きを見る
ツェツェの部屋
2014/03/06 22:39
ブライワックス(BRIWAX)初体験!
いろんなブログでDIY記事を見ます。 すごいなぁと思いながらも 大きなことをするまでの時間と気力がない。 それでも見ているだけで楽しいです。 ...続きを見る
ツェツェの部屋
2015/01/25 12:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
きゃぁ〜、素敵です!!
デザインがお洒落で、木がなんとも味があっていいですねぇ。
メタル板との相性もバッチりですよ。
小6年生の課題だったのですか。
こんな楽しい事出来るなんて羨ましい。
この時間だけ生徒になりたい・・・笑

私は中1の時、美術で木彫りのオルゴールを作りました。
彫刻刀でサクサク掘るのが楽しくて、夢中で作ったら先生にとてもとても褒められました。他のクラスからも見に来たほど。
それから先生と話をするようになり、美術が好きになったのです。

子供がなにかしら1つ、自信が持てると世界がパーっと開けますね。
あの時、あのオルゴールを作らなかったら、あの先生に出会わなかったら、
私は全く違った道を進んでいたかもしれません。
ふと思った事でした。

k.k
2009/08/04 17:12
フォトスタンドにしてはとても大きいなぁと思っていたんです。
んで完成写真を見て、やっぱり大きいって!
でも手のひらサイズなの????
不思議だわ・・・・・・

とってもいい色になりましたね!
学生の頃にやった篆刻を思い出しちゃった。
あの印はどこにいっちゃったかしら(汗)
ちー母
2009/08/04 17:21
* k.kさん *
子ども達の図工で取り組む作品を見ていると
私もやりたくて、うずうずするものが結構あります。
特に木彫りってなぜかひかれるんですよねぇ〜。
k.kさんのオルゴールのお話、なんかキュンとしました。
ちょっとしたことだけど、自分では気づかなかったことを
他の人からほめられた時って、すごく自信につながる気がします。
そういう出会いがあったことが素敵だなぁ〜と思いました♪
ツェツェ
2009/08/04 21:51
* ちー母さん *
ちょっと説明ベタだったけれど
手のひらには乗るサイズだけど、はみ出るサイズです。
だから、結構大きいかも・・・。
手を写すのは恥ずかしくて、チラッとしか載せていないから
分かりづらかったですよね。
着色はとっても面白かったです。
私も昔、篆刻をやったけれど、どこかへいってしまっています(笑)
ツェツェ
2009/08/05 00:02

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
木彫りのフォトスタンド(着色・完成編) ツェツェの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる