ツェツェの部屋

アクセスカウンタ

zoom RSS 切り絵 No.51(トンボ)

<<   作成日時 : 2008/06/30 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 17

カマキリ、カブトムシ、クワガタムシ・・・と続いた虫シリーズ。
気が早いけれど、秋のためにトンボを作りました。

画像




きれいな色の紙。
小さい模様が入っています。
光のように見える白い部分もあり
面白い紙です。
この色だと赤トンボになるかな。

画像





これが型紙。
胴の部分がほそ〜い!

画像





切り取りました。
胴の部分は細かったけど
一気に切り取って気分が良い!

画像





形がトンボそのもの。
15cm四方の紙だから
まぁまぁ大きいトンボです。

画像




羽の部分です。
とってもたくさんの穴。
小さな四角を切っては取り除く作業が
本当に面倒でした。
結構、適当に切ってしまいましたが
それなりに羽の透けた感じに
なるものですね。

画像






顔の部分です。
手を万歳って挙げているみたい♪

画像






胴の部分は切込みがあります。
模様のようになっているでしょう?



作り始めるまでは、このトンボを作りたくってしょうがなかったのだけど
作ってしまうと、なんかテンションが下がってしまった・・・。
この模様の紙が淡い色なので
赤トンボにしては、インパクトがないような・・・。
夏休みに同じ型で無地の赤色で切ってみようかな。
だけど、あの羽を切るのは面倒だなぁ。



からくり切り絵―切り紙をとことん楽しむ本
エムピーシー
小宮山 逢邦


Amazonアソシエイト by からくり切り絵―切り紙をとことん楽しむ本 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
切り絵 No.68(トンボたち)
「切り絵 No.51(トンボ)」とは違って、 今回は簡単なトンボたちを切りました。 ...続きを見る
ツェツェの部屋
2008/11/02 02:12
切り絵 No.123(とんぼ)
秋が近づくと、いつの間にか飛んでいるとんぼ。 今までも2つ、とんぼを切りましたが、 雰囲気の違うとんぼを切りました。 今までのとんぼは、リアリティのある「トンボ」と小さいサイズの「トンボたち」です。 今回は一枚の折り紙に4匹います。 小宮山逢邦さんの本から切りました。 ...続きを見る
ツェツェの部屋
2010/08/27 02:44
切り絵 No.159(蝉)
夏の虫の切り絵。 今までに切った虫たちはいろいろ。 どれだけあるかな〜と調べてみました。 ...続きを見る
ツェツェの部屋
2011/07/18 17:37
切り絵 No.176(夕焼けとんぼ)
久保修さんのサンマの切り絵を作ってから、 久保修さんの下絵集が妙に気になり始めた私。 秋らしい下絵を探して切ることにしました。 ...続きを見る
ツェツェの部屋
2011/10/08 09:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
いまのとこ、カマキリが一番で次がクワガタかな(笑)
ホントはトンボの羽の部分だけ、白いといいのにね。

空色で作ると、夏向けのシオカラトンボになるのでは?
ちー母
2008/07/01 19:15
* ちー母さん *
ありゃ、カマキリにクワガタ?
それって・・・顔の愛嬌とか笑いが重視かな?(笑)
私は白一色ならトンボが一番好きだったんだけど・・・
空色でシオカラトンボ、いいですねぇ。
そっか、色で変えればいいんですね♪思いつかなかった!
ツェツェ
2008/07/01 22:32
またもや、細かいこと・・・
トンボが昆虫シリーズの中では、私は好きかも・・・
秋に向かっていくといろんな虫が出てきますが、まだ続くのかしら?
お城とか楽器とか他にもシリーズであればいいのにね。
natsu
2008/07/02 20:27
* natsuさん *
本当にこれは細かかったのです。
それも規則的に長方形を切るという作業に途中で飽きちゃって。
昆虫シリーズは一応、これで終了です。
楽器シリーズ、いいですね♪あったらやってみたい!!
しばらくしたらお花シリーズをやります♪
とうとう本を買っちゃった!
ツェツェ
2008/07/02 23:18
トンボ、凄いですね〜細かい!昆虫シリーズで1番時間がかかったのではないですか?色もそんなに変だとは思いませんよ。羽の透けている感じも出てて、ちゃんと羽の下の足も見えてるし・・きれいな仕上がりで、自分はいいなぁと思いますよ。
mikko
2008/07/03 00:36
こんばんは(/*^^)/
トンボさんきれいですね。
ほわんとして、私は好きな色です。
それにしても細かい!!
σ(o^_^o)だったらきっと、
切ってる間中息とめてしまいそ(笑)
りん♪
URL
2008/07/03 21:40
* mikkoさん *
はい。昆虫シリーズで一番時間のかかる作品です。
意外と優しい色合いだったので
インパクトに欠けると思ったんですよねぇ。
学校の壁の掲示物という頭で作っているものですから、
どうしても広い壁には負けちゃう気がして・・・
でも羽の透け具合は確かにうまく表現されていると思います。
2学期になったら飾ろうと思っています♪
ツェツェ
2008/07/03 23:24
* りん♪さん *
優しい、優しい色合いでしょう?
もともとの紙の模様や色は私は好きなんですけど
切り絵にしたら淡すぎる気がしたんですよねぇ。
切っている間は息を止めて、目が寄って、
終わった時には目が痛かったです・・・(笑)
ツェツェ
2008/07/03 23:26
ツェツェさんはあまりすきではないように書いておられましたが、私もこの虫シリーズのなかでいちばんすきです。なかでもあの羽の四角い切り取りがなんともいえずすきです。
とんぼの羽とかしげしげと眺めたことはないけれど、透けてみえた羽にそういう模様がありそうな気がしてくるし、ちょっと中国の故宮博物館とかにこういう展示物がありそうな感じがしてくるからです。
さすが手先の器用なアジアの人・・・・・。
とかいいながら、私もそうなんですけど・・・・・<笑。
きんもくせい
2008/07/04 01:25
初めてツェツェさんを知ったのは静哉さんのHPでした
こちらに来ると創作意欲をかきたてられます

アマゾンのレビューも読ませてもらいました
切り絵って小学校の図工以来やったこと無いけど
トンボの羽見てたら無性に切りたくなってきました(^_^;)

ダヤンの本もかわいいデザインでしたよね
購入してみようかな?

あとポップアップカードっていうんでしたっけ?
飛び出す絵本みたいなかんじの...
あれも挑戦してみたいです(*^_^*)
もも
2008/07/04 13:47
4年目に入ったとトップ画面で知りました♪
“おめでとう”でいいのでしょうか (^-^)♪
記事を拝見しては、ツェツェさんから色々知らない事を教えていただいています♪
切り絵の画像は次男にも見せています♪虫が大好きだったので面白がってくれるんじゃないかなって♪
子供が大きくなって、“学校”そのものが遠い存在になりつつありますが、ツェツェさんの記事を見ては懐かしく思ったり、母娘でのお出掛けの記事は羨ましく思ったり♪
これからも楽しみにしています♪夏休みももうすぐですね(^-^)♪
ちく・・・♪ちく・・・♪
2008/07/04 18:55
5年目でしたね♪間違えちゃいました(^-^)
ちく・・・♪ちく・・・♪
2008/07/04 18:57
* きんもくせいさん *
あら、意外とこのトンボ、人気みたいですね♪
ちょっとホッとしました。
羽の切り取りは本当に規則的で美しいですよね。
切り取るには忍耐も必要でしたけど
気に入ってもらえて、頑張った甲斐があったなって
嬉しくなりました♪
ツェツェ
2008/07/04 22:41
* ももさん *
静哉さんのHPでコチラへ来てくださったとのこと、
とっても嬉しいです♪
創作意欲をかきたてるというのは嬉しい褒め言葉です。
ありがとうございます♪
今はたくさんの本が出版されていますが
気に入ったものしか買えない、買わないので
これはオススメのものなんです♪
ダヤンも可愛いですよ〜♪
いろいろ挑戦してみてくださいね!
ツェツェ
2008/07/04 22:43
* ちく…♪ちく…♪さん *
4年目で合っていますよ〜。
こんなにも続けてこられたということが私にとっても
驚きと嬉しさと満足感と・・・いろいろです。
今ではブログは私にとって大事な場所です。
息子さんにも虫の切り絵を紹介してくださったんですね。
興味を持ってくれるかしら?うふふふふ♪
学校って子ども達が大きくなると離れる存在ですが
思い出も一緒に残っていますよね〜。
母とのお出かけは今だから楽しめるんです、きっと。
実は明日も出かけるんです。成績処理で忙しいんだけど
母へのプレゼントも兼ねて、芸術鑑賞です。
ツェツェ
2008/07/04 22:47
いいですね。お母様と芸術鑑賞。
うちの母は疲れるからとかお金がもったいないからと行って行こうとしません。私がチケットを用意しても「こんなに忙しいときに何を考えているのか」と怒り狂って伯母にペアチケットをあげたりすることも多々あり、そういうのがつらいので私は母と時間がきまった何かに行くということを企画するのをやめました。
友達もいない恋人は一生あらわれない死んでも生まれ変わってもあらわれない。家族も一緒にいってくれないとあっては、私はどこへいくのもひとりです。
でも気楽でいいですよ。
ひとりはひとりで生きていくしかないですね。
きんもくせい
2008/07/05 02:11
* きんもくせいさん *
最近は芸術鑑賞なんて行っていなかったのだけど
安くバレエのチケットを手に入れられたので行ってきます。
でも、昨日念のために連絡したらすっかり母は忘れていました。
・・・ヒドイ!って抗議の声を上げました。ふう。
ツェツェ
2008/07/05 09:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
切り絵 No.51(トンボ) ツェツェの部屋/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる